コロナ禍と生活者

コロナ禍における生活者の暮らしや価値観の変化をお伝えします。

新型コロナウイルスに関する生活者調査【特別編】

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

博報堂生活総合研究所は、2020年4月から毎月、「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施しています。最新の4月調査では追加項目として、コロナ禍になって約1年経過したところで、生活者が「新たに気づいたこと」や「現在の生活スタイルの維持意向」などを聞きました。(調査は4月1〜5日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1,500名。調査概要はPDFの4ページ参照)。

現在の生活スタイルの維持意向とその理由

「現在の生活スタイルを維持したいか(新型コロナウイルスへの感染懸念がなくなった前提で)」と聞いたところ、「そう思う」計が56.3%と半数を超えました。回答理由(自由回答の集計)では、「時間の無駄削減や自己管理できるから」とのメリットを挙げる声が多く、「コロナに限らず感染が不安で対策が必要だから」を上回る結果になっています。年代別で理由が異なっており、20代、30代では「時間の無駄削減や自己管理ができるから」「快適/健康的なリズムで生活できるから」など生活の快適さを挙げる人が多く、60代では「コロナに限らず感染が不安で対策が必要だから」が高くなっています。

コロナ禍生活1年で「新たに気づいたこと」

コロナ禍生活になってから1年で新たに気づいたことについて17項目を提示したところ、1位「自分も社会全体も衛生意識が高まり、風邪や病気にかかりにくくなった」(66.1%)、2位「家族と過ごすことが楽しくなった」(57.9%)、3位「人と対面で会うときは、その時間を大切にするようになった」「自分にとって大切なものを見極める機会になった」(共に57.1%)、5位「自由な時間を、自分の成長のために使いたいと思うようになった」(56.6%)となりました。これまで“当たり前”だと考えていたものごとの価値を見直したり、自分にとっての優先順位を考え直す、いわば「じぶんリセット」の機会になっているようです。
提示した17項目のうち10項目が50%以上となり、「人付き合いのストレスが減った」「家で過ごすことが楽しくなった」「生活費は、もっと節約できることを実感」など、生活の在り方を考え直す気づきは多岐にわたっています。

詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す