私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

研究タグ
2019.08.28

数字(データ)で知る生活者 第1回

日本人男性の「寿司・ラーメン離れ」
意外な実態

生活総研 上席研究員/コピーライター

前沢 裕文

こちらは「東洋経済オンライン」からの転載記事です。

若者の“車離れ”“お酒離れ”をはじめとして、消費が落ち込むと現れる、メディアの「○○離れ」報道。
生活定点」データを読むと、さまざまな「○○離れ」の芽が見えてきます。

顕著な漬物離れ。寿司、ラーメン離れも進む?

近年顕著なのは、“和食離れ”。「生活定点」の調査で、「和風の料理が好き」と答えた人は、1998年には65.8%いましたが、2018年は45.0%へと激減しています。男女共に20代~60代の全世代で、10~30ポイント減と、性別、世代問わず満遍なく落ち込んでいます。

中でも落ち込みが著しいのが、定食の名脇役であるはずの漬物。「漬物が好き」と答えた人は、1998年の64.8%から、2018年には44.0%と、20.8ポイントも下落しています。

魚料理、酢の物、豆腐などほかの和食もこの20年で好きと答える人は減っていますが、漬物は1番の落ち込みを見せているのです。減塩ブームもあるかもしれませんが、筆者の周囲でも、とくに20代は「居酒屋でおしんこを頼まない」「カレーを食べるときに福神漬を添えない」という人が少なくありません。

→続きは東洋経済オンラインのページからご覧ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

人気コスプレイヤー・伊織もえさんに聞く 仮装とは大分違う「本気コスプレイヤー」の世界

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2019.10.29
私の生活定点

20代4人が語る「平成の恋愛」への強烈な違和感

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2019.04.15
私の生活定点

「無趣味になっていく日本人」の実態と背景事情

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2019.02.27
私の生活定点

それでも「現金派」という男女3人が語る理由

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2019.01.16
私の生活定点

一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2018.11.20
私の生活定点

「WEBコンテンツは私の先生」な時代

博報堂 第一プラニング局
崔 喜景
2018.01.11
私の生活定点

「答えを探さない」という使い方。

博報堂 第三プラニング局
夏 秋馬寧
2017.12.20
私の生活定点

「もう欲しいモノなんてないよね~」
って本当か?

博報堂買物研究所 上席研究員
山本泰士
2017.06.12
私の生活定点

茶色く染まる、日本の食卓

生活総研 上席研究員
夏山明美
2017.03.29
私の生活定点

スマホ時代の「偶然」との出会いかた

生活総研 研究員
十河瑠璃
2017.03.02
私の生活定点

トランプ勝利―自国第一・内向き志向はアメリカだけ?

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2016.12.14
私の生活定点

家族の誕生日祝い、大躍進!

博報堂 こそだて家族研究所
上席研究員
脇田英津子
2016.11.30

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す