第1回 マネーポスト WEB連載

コロナ禍で根強い生活者の節約志向 消費を動かす鍵は「ネガの贅沢」か

執筆者:三矢研究員

こちらは「マネーポストWEB」からの転載記事です。

日本銀行が9月に公表した「資金循環統計」というレポートに、気になるデータが載っていました。なんと、家計の金融資産が増加しており、過去最高にのぼっているとのこと。その額、およそ1992兆円(2021年第2四半期)。内訳をみると、現金・預金が約半分を占め、1072兆円。こちらも過去最高の金額に達しているそうです。平たく言うと今、日本の家計には最も多くのお金が蓄積されている、ということになります。

コロナ禍の影響で、昨年から今年にかけて、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発出されていた期間は相当なものになりました。その間、外食やレジャーをはじめとする消費は落ち込んでおり、過去最高額の家計金融資産はまさに「コロナ禍でお金を使いたくても使い途がない……」という、消費意欲にフタをされた状況の現れとも言えそうです。

一方で、コロナ禍以前から、低価格で手軽なファストファッションは好調。100円均一の割安な商品もよく売れています。

→続きはマネーポストWEBのページからご覧ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

『博報堂生活総研のキラーデータで語るリアル平成史』発刊

2021.12.23
その他研究活動

2022年の生活者展望

2021.12.22
その他研究活動

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

2019.12.26
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す