研究タグ
2008.12.04

生活定点2008 分析レポート

生活総研では、生活者の意識や行動の変化から将来の価値観や欲求の行方を展望するため、同じ条件の調査エリア・調査対象者に対し、同じ質問を繰り返し投げかける定点観測型のアンケート調査「生活定点」を隔年で実施しています。

衣食住、健康、学び、働き、消費・お金、余暇、遊び、家族、情報など、生活を360度の視野で捉える質問は約2800項目(2008年度時点)にも及び、首都圏と阪神圏の20歳〜69歳男女については、時系列データを追えるのが「生活定点」の最大の特長です。

こうした時系列データでグラフを描けば、過去から今にかけて生活者がどのように変化し、どんな生き方をしようとしているのか、 「生活波形」の軌跡を一望することができます。

本レポートでご紹介するのは、1992年から2008年までを貫く「生活波形」の分析結果です。1992年のバブル崩壊後、失われた10年を経て、2002年から「いざなぎ越え」といわれたように緩やかですが戦後最も長い経済成長を遂げたものの、2008年に入り、再びサブプライム問題に端を発するアメリカ経済破綻の影響を受け、暮らしの足元がぐらつく生活者。このように激変する日本社会にあって、生活者や暮らしはどのように変化してきたのか。「生活波形」の分析結果から見えてきた生活潮流を20のトピックスとしてまとめました。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

2019.12.26
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04
その他研究活動

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17
その他研究活動

【菊池武夫さんインタビュー】 洋服はカルチャーの一部だと思う──ファッションの平成30年史

2019.04.24

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す