研究レポート

『生活者の平成30年史』連載 第4回

平成で進んだ「家族のユニット化」、妻が夫を「名前+ちゃん」で呼ぶ

こちらは「日経BizGate」からの転載記事です。

第4回のテーマは、「家族のユニット化」です。人口の激減、急速に進んだ少子高齢化、最多となるひとり暮らし――『生活者の平成30年史』(博報堂生活総合研究所 著)の抜粋によって、平成30年間の生活者の意識や行動、価値観の変化を振り返ります。


「家族」という存在は、それ自体がひとつの単位として扱われる対象ですが、当然ながら、それは「個人」というさらに小さな単位によって成り立っています。

一員である前に一個人

はじめにご紹介するデータは、「家庭内での夫や妻の呼び方」です。ささいなことと感じるかもしれませんが、こうした細部に家族や夫婦の関係性は表れるものです。

まず、妻が夫を呼ぶ時(図表4―1)、「パパ、お父さん、お父ちゃん」という家族内の役割名が30年間で大きく減りました。代わりに「名前(+ちゃん、くん、さん)」が増えています。

図表4-1 家庭内の呼び方(妻が夫を呼ぶ時)

夫が妻を呼ぶとき(図表4―2)でも、役割名を個人の名前が逆転しました。いずれも、夫や妻が、家族の一員としての役割よりも前に、一個人として認識されるように変化したことを示しています。

図表4-2 家庭内の呼び方(夫が妻を呼ぶ時)

また、消費面や就労面でも「家族」と「個人」の関係は変化しています。日常のお金の使い方をとっても関係の変化をみてとることができます。例えば、「外出着代の支払い方」(図表4―3)では、「夫の服代を家計費から支払う」が減り、「夫の服代を夫のこづかいから支払う」が増加しています。

図表4-3 外出着代の支払い方

妻の服代についても家計費から本人のこづかいへのシフトが起こっています。

また、「妻が働きに出ることの最終決定者」(図表4―4)では、今では信じがたいことですが30年前は夫が妻よりも高かったのです。妻が自分よりも家族としての決定を優先する意識が高かったことがわかります。この数値はその後、夫・妻で逆転し、直近では76.5%が妻自身で決定しています。

図表4-4 妻が働きに出ることの最終決定者

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

2019.07.16
研究レポート

「消費1万人調査」調査結果を発表
“スマホ”の影響が大きい若年層、
“社会・経済”の影響が大きい中高年層

2019.06.25
研究レポート

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
研究レポート

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04
研究レポート

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17
研究レポート

【菊池武夫さんインタビュー】 洋服はカルチャーの一部だと思う──ファッションの平成30年史

2019.04.24
研究レポート

【笠原将弘さんインタビュー】 新しい時代の和食の料理人像を作りたかった ──「食」の平成30年史

2019.04.15
研究レポート

【研究員インタビュー】 女性は本当に「働きやすくなった」のか? ──「女性と仕事」の平成30年史

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のオープン化」、別居の親・親友も家族に

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のユニット化」、妻が夫を「名前+ちゃん」で呼ぶ

2019.04.01
研究レポート

【著者インタビュー】平成は、平静ではなかった──。 30年間を振り返る書籍に込めた思いとは。

2019.03.27
研究レポート

平成は家族の「標準」なくなる、離婚が婚姻の3分の1にも

2019.03.25

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す