研究レポート

『生活者の平成30年史』連載 第5回

平成で進んだ「家族のオープン化」、別居の親・親友も家族に

こちらは「日経BizGate」からの転載記事です。

最終回のテーマは、「家族のオープン化」です。人口の激減、急速に進んだ少子高齢化、最多となるひとり暮らし――この連載では『生活者の平成30年史』(博報堂生活総合研究所 著)の抜粋によって、平成30年間の生活者の意識や行動、価値観の変化を振り返ります。


「核家族」という言葉はもともと学術用語でしたが、1967年に一般の流行語にまでなりました。このことが象徴するように、親族から離れて夫婦と子どもだけに閉じる生活は、長らく望ましいものとしてイメージされてきました。では、核家族の内側と外側の人間関係は、平成の間にどのように変化したのでしょうか。

高まる親族への家族意識

「核家族」になることは、親や兄弟姉妹と同居しないということであり、その人たちと意識上は疎遠になっていくはずだと考えるのが当然です。しかし『家族調査』によれば、親族との意識上の距離は近づいてきている傾向がみえてきます。「家族といって思い浮かべる人」(図表5―1、図表5―2)を問うと、自分の親・兄弟姉妹、配偶者の親・兄弟姉妹を家族の範疇に含める夫婦が増えています(例外として、夫の回答で「配偶者の兄弟姉妹」だけは直近で減少傾向)。

図表5-1 家族といって思い浮かべる人[夫]

図表5-2 家族といって思い浮かべる人[妻]

親については、そもそも長寿化の影響で存命の人が増えた(図表5―3)ことに加え、夫婦と親世帯が近居をしている場合が増えていること(図表5―4)が、この変化のベースにはあります。家庭訪問インタビューでは親から家事や育児の手厚い支援を受けている家庭が多くありました。また、親世代は夫婦に金銭や介護などの面で負担をかけたくないとも考えています。つまり、夫婦にとって親はかつてよりも気軽に、そして生活を助けてくれるパートナーとして、つきあえる間柄になっているのです。また、兄弟姉妹も親をハブとしてつながる機会が増えていると推測されます。

図表5-3 存命の親

図表5-4 夫の母親との居住状況

この平成の動向からは、「家族」という概念が同居するメンバーに限定されることなく、別居している親族へと緩やかに広がってきたことがわかります。

→続きは日経BizGateのページからご覧ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

【笠原将弘さんインタビュー】 新しい時代の和食の料理人像を作りたかった ──「食」の平成30年史

2019.04.15
研究レポート

【研究員インタビュー】 女性は本当に「働きやすくなった」のか? ──「女性と仕事」の平成30年史

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のオープン化」、別居の親・親友も家族に

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のユニット化」、妻が夫を「名前+ちゃん」で呼ぶ

2019.04.01
研究レポート

【著者インタビュー】平成は、平静ではなかった──。 30年間を振り返る書籍に込めた思いとは。

2019.03.27
研究レポート

平成は家族の「標準」なくなる、離婚が婚姻の3分の1にも

2019.03.25
研究レポート

平成の家計は停滞、「貯金すればいつか買える」が覆る

2019.03.18
研究レポート

データで読む「平成」の変化、生活者には「平静」でなかった

2019.03.12
研究レポート

来年の生活者展望
~“平成”をまたぐ生活者の行方~

2018.12.14
研究レポート

生活者にきいた
“2019年 生活気分” を発表

2018.11.20
研究レポート

生活者が求めるのは、
世の中の基盤をアップデートしてくれる商品・サービス
キーワードは【ソーシャル・プラス】

2018.10.29
研究レポート

「生活定点」1992-2018 最新調査結果を発表

2018.10.01

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す