2018.10.01

生活者の意識・行動・価値観の時系列観測調査

「生活定点」1992-2018 最新調査結果を発表

旧来の考え方から自由な意識・行動へと向かう生活者

博報堂生活総合研究所では、生活者の意識や行動の変化から将来の価値観や欲求の行方を予測するため、同じ条件の調査地域・調査対象者に対し、同じ質問を繰り返し投げかける時系列観測調査「生活定点」を、1992年から2年に一度実施しています。
このたび新たに2018年調査を実施いたしましたので、2018年に“過去最高”・“過去最低”を更新した主な項目についてご紹介いたします。1992~2018年=平成初期から終わりにかけての調査データの推移からは、旧来の考え方にとらわれない意識や行動を示しはじめた生活者の様子が見えてきました。

また、2018年調査を受け、「生活定点」調査の26年間・約1,400項目におよぶデータを無償公開するWEBサイトも10月1日よりアップデートいたしました。データ分析が身近でない方にも、意外な発見や発想のヒントを得ていただきやすい各種コンテンツもご用意しています。

1. 2018年に“過去最高”を更新した主な項目

[働き] 女性の上司のもとで働くことに抵抗はない

2018年 69.8% (質問開始時点比 +36.3pt)

[消費・お金] クレジットカードを使うことに抵抗はない

2018年 58.7% (質問開始時点比 +30.7pt)

[情報] 情報は自分で検索しながら手に入れたいと思う

2018年 32.3% (質問開始時点比 +10.3pt)

[恋愛・結婚] 外国人と結婚することに抵抗はない

2018年 29.3% (質問開始時点比 +9.1pt)

[交際] 人づきあいは面倒くさいと思う

2018年 32.0% (質問開始時点比 +8.8pt)

[働き] キャリアアップのためには、会社をかわってもかまわない

2018年 48.3% (質問開始時点比 +7.1pt)

[暮らし向き] 睡眠時間を増やしたい

2018年 60.0% (質問開始時点比 +5.8pt)

[食] コンビニの食品は私の食生活には必要だと思う

2018年 20.4% (質問開始時点比 +5.8pt)

 

2. 2018年に“過去最低”を更新した主な項目

[贈答] お歳暮は毎年欠かさず贈っている

2018年 27.3% (質問開始時点比 -34.5pt)

[社会意識] 貿易の自由化は賛成である

2018年 20.1% (質問開始時点比 -28.0pt)

[食] お米を1日に1度は食べないと気がすまない

2018年 47.9% (質問開始時点比 -23.5pt)

[消費・お金] 普及品より多少値段がはってもちょっといいものが欲しい

2018年 30.6% (質問開始時点比 -22.8pt)

[恋愛・結婚] いくつになっても恋愛をしていたいと思う

2018年 29.3% (質問開始時点比 -20.6pt)

[遊び] 家の中よりも、野外で遊ぶ方が好きだ

2018年 25.5% (質問開始時点比 -19.9pt)

[衣] 自分はおしゃれなほうだと思う

2018年 12.9% (質問開始時点比 -9.8pt)

[暮らし向き] 電車がくるのを待っている時間にイライラする

2018年 68.0% (質問開始時点比 -6.7pt)

 

詳しくは下記PDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.07
研究レポート

人気コスプレイヤー・伊織もえさんに聞く 仮装とは大分違う「本気コスプレイヤー」の世界

2019.10.29
研究レポート

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29
研究レポート

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
研究レポート

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
研究レポート

SmartNews分析で明かす、隠された情報摂取行動とその心理

2019.09.30

増税に関する生活者調査

研究レポート

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19
研究レポート

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
研究レポート

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

2019.07.16
研究レポート

「消費1万人調査」調査結果を発表
“スマホ”の影響が大きい若年層、
“社会・経済”の影響が大きい中高年層

2019.06.25
研究レポート

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
研究レポート

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す