その他の研究をキーワードから探す

研究タグ

社会

コロナ禍と生活者

11月の「生活自由度」は、2か月連続で増加。調査開始以来、最も高い61.9点に

2021.11.19
コロナ禍と生活者

「緊急事態宣言」解除直後の10月の「生活自由度」は 57.2点に大幅増加し、今年2番目の高さに

2021.10.20
コロナ禍と生活者

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
コロナ禍と生活者

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
コロナ禍と生活者

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
コロナ禍と生活者

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
コロナ禍と生活者

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
コロナ禍と生活者

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
コロナ禍と生活者

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
コロナ禍と生活者

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
コロナ禍と生活者

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
コロナ禍と生活者

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
コロナ禍と生活者

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18
コロナ禍と生活者

11月の「生活自由度」は61.4点
3か月連続で上昇、7月の最高値と同値に

2020.11.20
コロナ禍と生活者

10月の「生活自由度」は59.7点 9月から1.4ポイント増
前月に続き【不安】、【行動抑制】とも全項目で緩和

2020.10.15
コロナ禍と生活者

9月の「生活自由度」は58.3点 8月から4.0ポイント増
【不安】はすべての項目で減少、【行動抑制】も緩和

2020.09.17
コロナ禍と生活者

8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減
健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる

2020.08.20
コロナ禍と生活者

7月の「生活自由度」は61.4点 前月から約4ポイント上昇で最高値更新
「家から外へ」のシフトが緩やかに進むも、約7割は「この夏旅行の予定ない」

2020.07.16
コロナ禍と生活者

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
コロナ禍と生活者

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21