私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

奥田民生は「おじさん」を
ユニコーンの武器にした
–日経クロストレンド 連載⑯–

生活総研 上席研究員/コピーライター

前沢 裕文

こちらは「日経クロストレンド」からの転載記事です。

ユニコーンやソロ活動で才能を発揮してきた奥田民生さんは56歳。今回は博報堂生活総合研究所の前沢裕文氏(44歳)が、おじさん歴10年以上の憧れの先輩に教えを請う。すると、40代で再始動したユニコーンでは、おじさんであることが武器になり、そのことで自身も楽になったという。ネガティブなはずの「おじさん」をどう武器にしたのか――。全40代のお手本として必読!

後編はこちら>

奥田民生――。もうこれだけでパワーワードです。中高生の頃のバンドブームをきっかけに音楽を聴くようになった40代おじさんたちは、名前から後光が差して見えることでしょう。

今回は、先日2年ぶり16枚目となるアルバム『ツイス島&シャウ島』をリリースしたロックバンド、ユニコーンの奥田民生さんにお話を伺いました。現在56歳でおじさん歴14年目を迎えている先輩の一言一言は、私たち40代おじさんがおじさんとして生きていくための手引きのようなものになっていると思います。早速ご一読ください。

前沢裕文(以下、前沢)
博報堂生活総研が2020年に行った調査で「43歳からがおじさん」という結果が出ておりまして。奥田さんは1965年5月生まれということで、43歳前後のアルバムリリースを調べると、2008年1月、42歳のときにソロで『Fantastic OT9』、09年2月、43歳のときにユニコーンで『シャンブル』をリリースされています。

奥田民生氏(以下、奥田)
ああ、ユニコーン再始動してますね(編集注:ユニコーンは1993年に一度解散し、2009年に再始動した)。

前沢:再始動後初アルバムが、おじさんになった少し後のリリースなんですよ。

奥田:復活したユニコーンは完全に「おじさんバンド」ですからね。まさに年齢的にも合ってるじゃないですか(笑)。

確かに、再始動がその時期だというなら、そのときは「俺たちはもう全然若くない」というのが染み込んでいるし、「昔みたいにはできないし、やらないからね」みたいな感じですからね。僕らの場合はおじさんになったことを武器にするというか、おじさんはやらないよそんなことはって。

前沢:武器というか、盾というか(笑)。

奥田:そうですね(笑)。「おじさんなんだからそんな仕事のさせ方しないでくれ」と言える。「もうおじさんなんだから」って感じは、すごく楽でした。メンバーの関係も、おじさんになってまで細かいことやいのやいの言わないよもう、という空気もありましたしね。

前沢:ご自身の40代は、振り返ってみるとどんな40代でしたか?

奥田:30代と一緒だと思ってやっていました。40代中盤くらいからは、体力もなくなってきたなとか、四十肩になったし、バンドでもそんな話しかしないし。どこの病院行ってんだとかさ(笑)。

でも、周りからの見られ方が「おじさん」というのがよかったし、再始動して「おじさんバンド」って堂々と言えることがすごく楽。

前沢:どんどんいいおじさんになっているように見えますけど、奥田さんの中でこんなおじさんでいたいというのはあるんでしょうか?

奥田:ふふっ。どうすかねえ。若い頃から割と老けたがりだったから。20代の頃から、30代後半くらいの人の音楽のつくり方がいい感じだなと思っていたので、早くそうなりたいって、焦ってそっちにいってる感じがあって。がむしゃらじゃなかったり、ちょっと余裕があったり、そういうのに憧れていたんですよね。今も、そんな感じが正しいと思うんですけど。

→続きは日経クロストレンドのページからご覧ください。

 

<日経クロストレンド「30年のデータで解析! 生活者の変化潮流」>
第1回ーー 「43歳からおじさん」が調査で判明! 「7つの特徴」を大分析
第2回ーー 足りないのはお金より時間 40代おじさんの幸せは“時産”にあり
第3回ーー たこ焼きが1位? 和食が消えた? 好きな料理ランキング大激変
第4回ーー シュフからシェフに! オンラインで「我が家の食卓」が変わる
第5回ーー 40代おじさん必読! J.Y. パーク氏に学ぶ 「褒めワード」ベスト5
第6回ーー 世代間ギャップを学べる魔法の質問 「お金持ちって誰ですか?」
第7回ーー 「お金持ちへの憧れ」は徐々に減る?若者はなりたい自分を投影
第8回ーー 40代おじさんに黄信号 「男女平等感」が世の中とズレている!?
第9回ーー 40代おじさんの意識を精神科医が分析 悲しい性をメッタ斬り!?
第10回ーー40代おじさんの生き様は「30点」? 精神科医による処方箋
第11回ーー40代おじさんはキス派?ラブレター派? 二択から見える意識
第12回ーーZ世代とシニア、上司と部下の板挟みで、40代おじさんは右往左往?
第13回ーー「40代おじさん」の妻は幸せか?夫婦間ギャップに見る危機
第14回ーーロンブー田村淳が思う「かっこいい40代おじさん」とその理由
第15回ーー40代おじさん・ロンブー淳 人生満点じゃない理由は日光東照宮?
第17回ーー40代おじさんに共感? 奥田民生も自信がなくてビビり!?

プロフィール

写真
奥田 民生

1965年広島生まれ。87年にユニコーンでメジャーデビュー。94年にシングル「愛のために」でソロ活動を本格的にスタートさせ、様々なアーティストとのコラボレーションや、プロデューサーとしての才能も遺憾なく発揮。バンドスタイルの「MTR&Y」、弾き語りスタイルの「ひとり股旅」、宅録スタイルのDIYアナログレコーディング「カンタンカンタビレ」など活動形態は様々。テレワークでゲストとつながりトークや演奏を繰り広げる「カンタンテレタビレ」やバーチャル背景で演奏する「カンタンバーチャビレ」などをYouTubeにて次々と公開。その独自の活動でリスナーのみならずミュージシャンからも愛されている。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

40代おじさんに共感?
奥田民生も自信がなくてビビり!?
–日経クロストレンド 連載⑰–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.10.12
私の生活定点

40代おじさん・ロンブー淳 人生満点じゃない理由は日光東照宮?
–日経クロストレンド 連載⑮–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.09.09
私の生活定点

ロンブー田村淳が思う「かっこいい40代おじさん」とその理由
–日経クロストレンド 連載⑭–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.09.09
私の生活定点

「40代おじさん」の妻は幸せか?
夫婦間ギャップに見る危機
–日経クロストレンド 連載⑬–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.08.12
私の生活定点

Z世代とシニア、上司と部下の板挟みで、40代おじさんは右往左往?
–日経クロストレンド 連載⑫–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.07.06
私の生活定点

40代おじさんはキス派?ラブレター派? 二択から見える意識
–日経クロストレンド 連載⑪–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.07.06
私の生活定点

40代おじさんの生き様は「30点」?
精神科医による処方箋
–日経クロストレンド 連載⑩–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.05.31
私の生活定点

40代おじさんの意識を精神科医が分析 悲しい性をメッタ斬り!?
–日経クロストレンド 連載⑨–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.05.31
私の生活定点

コロナで「占いを信じる」20代女性が増える理由―調査とインタビューで判明した大きな変化

生活総研 上席研究員
荒井 自如
2021.04.26
私の生活定点

40代おじさんに黄信号 「男女平等感」が世の中とズレている!?
–日経クロストレンド 連載⑧–

生活総研 上席研究員/コピーライター
前沢 裕文
2021.04.19
私の生活定点

「お金持ちへの憧れ」は徐々に減る?
若者はなりたい自分を投影
–日経クロストレンド 連載⑦–

生活総研 上席研究員
近藤 裕香
2021.03.11
私の生活定点

世代間ギャップを学べる魔法の質問
「お金持ちって誰ですか?」
–日経クロストレンド 連載⑥–

生活総研 上席研究員
近藤 裕香
2021.03.11

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す