10.家族家族について、あなたにあてはまるものを教えてください。

No.726

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

最新(2018年)の調査結果

19.7%

  • 初回(1998年)より13.9
  • 前回(2016年)より4.6
 

過去最低

「家族について、あなたにあてはまるものを教えてください。」という質問に「夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う」と答えた人の割合は前回より約5ポイント下降し、2018年は19.7%となりました。男女差については、男性の方が約11ポイント高い結果となりました。地域差については、阪神圏の方が約3ポイント高い結果となりました。

※ このテキストはプログラムにより自動生成されています

他の回答

似てるかもグラフ、紹介します!

約38,000,000通りの組み合わせから、形の似ているグラフを自動抽出! 回答同士の意外な関係が発見できるかも?!

類似データの算出方法

各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位5件を自動抽出して表示しています。 あくまでもグラフの推移の類似を検出するものであり、回答同士の相関性の高さを示すものではありません。

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

資格・免許が欲しい [3つまで回答]

男性30代

10 家族No.100

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

阪神圏

10 家族No.726

×

環境保護を考えた商品なら今より価格が高くても買う

阪神圏

10 家族No.1354

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性50代

10 家族No.726

×

教育全般では、どちらかといえば男性が優遇されていると思う

男性50代

10 家族No.1273

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性

10 家族No.726

×

離婚はハンディキャップになると思う

男性

10 家族No.780

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

レンタルDVDやCDをよく借りる

男性30代

10 家族No.543

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

首都圏

10 家族No.726

×

1年以内に、ひな祭りをした

首都圏

10 家族No.269

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

女性50代

10 家族No.726

×

サラリーマンなら会社都合の転勤や退職もやむを得ないと思う

女性50代

10 家族No.651

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

パーティーを開くなど、友人を家に招くことが好き

男性30代

10 家族No.807

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

60代

10 家族No.726

×

外出着はデザインやスタイルよりもリラックスできるかを重視する

60代

10 家族No.466

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

60代

10 家族No.726

×

英語をまったくしゃべれない

60代

10 家族No.643

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

金利の動向には敏感である

男性30代

10 家族No.935

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性

10 家族No.726

×

主に夫が物事の決定権を持っている [既婚者のみ]

男性

10 家族No.1052

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性60代

10 家族No.726

×

円満な家族関係に満足している

男性60代

10 家族No.133

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

食品やその素材に不安がある

男性30代

10 家族No.321

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

女性40代

10 家族No.726

×

自分と家族の健康に満足している

女性40代

10 家族No.137

夫婦はどんなことがあっても離婚しない方がよいと思う

男性30代

10 家族No.726

×

夢が欲しい [3つまで回答]

男性30代

10 家族No.88

もっと見る+

ダウンロード

生活定点2018集計表(Excelファイル)がダウンロードできます。

生活定点のデータをもっとじっくり見たり使ったりしたい時は、こちら。好きな項目を選んでグラフを作れる機能もあるし、性別、年代別、地区別などの詳しい数字が使えるからおもしろい。

使い方を見る

PageTop