20.地球環境環境保護生活 快適派 vs 面倒派

No.1357

面倒派

最新(2018年)の調査結果

49.5%

  • 初回(1992年)より6.1
  • 前回(2016年)より2.9
 

過去最高

「環境保護生活 快適派 vs 面倒派」という質問に「面倒派」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2018年は49.5%となりました。男女差については、男性の方が約8ポイント高い結果となりました。地域差はほとんどなく、2018年もほぼ同率になりました。年代別に見ると、20代が56.3%で全体より約7ポイント高く、逆に60代は、全体より約12ポイント低い37.9%となりました。

※ このテキストはプログラムにより自動生成されています

他の回答

面グラフを見る

似てるかもグラフ、紹介します!

約38,000,000通りの組み合わせから、形の似ているグラフを自動抽出! 回答同士の意外な関係が発見できるかも?!

類似データの算出方法

各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位5件を自動抽出して表示しています。 あくまでもグラフの推移の類似を検出するものであり、回答同士の相関性の高さを示すものではありません。

環境を考えた生活をすることは自分にとって面倒だと思う

男性50代

20 地球環境No.1357

×

会社の仕事を家に持ち帰ってやるのは非常識だと思う

男性50代

20 地球環境No.702

環境を考えた生活をすることは自分にとって面倒だと思う

男性20代

20 地球環境No.1357

×

事故や災害に備えた生活をしていない

男性20代

20 地球環境No.163

環境を考えた生活をすることは自分にとって面倒だと思う

女性30代

20 地球環境No.1357

×

現代の科学技術は進歩しすぎていて、不安に思う

女性30代

20 地球環境No.1248

環境を考えた生活をすることは自分にとって面倒だと思う

30代

20 地球環境No.1357

×

離婚はハンディキャップになると思う

30代

20 地球環境No.780

もっと見る+

ダウンロード

生活定点2018集計表(Excelファイル)がダウンロードできます。

生活定点のデータをもっとじっくり見たり使ったりしたい時は、こちら。好きな項目を選んでグラフを作れる機能もあるし、性別、年代別、地区別などの詳しい数字が使えるからおもしろい。

使い方を見る

PageTop