02.暮らし向き生活速度4類型(生活速度欲求×生活速度実態)

No.192

純高速型(日頃の行動を手早くやりたくて、実際に手早くやっている)

最新(2018年)の調査結果

45.2%

  • 初回(2000年)より0.1
  • 前回(2016年)より0.1
 

前回からほぼ変化なし

「生活速度4類型(生活速度欲求×生活速度実態)」という質問に「純高速型(日頃の行動を手早くやりたくて、実際に手早くやっている)」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2018年は45.2%となりました。男女差については、男性の方が約4ポイント高い結果となりました。地域差については、首都圏の方が約5ポイント高い結果となりました。年代別に見ると、20代が33.1%で全体より約12ポイント低く、逆に50代は、全体より約4ポイント高い49.5%となりました。

※ このテキストはプログラムにより自動生成されています

他の回答

面グラフを見る

ダウンロード

生活定点2018集計表(Excelファイル)がダウンロードできます。

生活定点のデータをもっとじっくり見たり使ったりしたい時は、こちら。好きな項目を選んでグラフを作れる機能もあるし、性別、年代別、地区別などの詳しい数字が使えるからおもしろい。

使い方を見る

PageTop