研究タグ
2017.07.26

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

博報堂生活総合研究所は、サマーセミナー2017「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」を、7月26日(水)JPタワーホール&カンファレンスで開催しました。

本セミナーでは、1997年より博報堂生活総合研究所が10年おきに行ってきた子ども(小学4年生~中学2年生)を対象とする大規模調査の時系列分析をもとに、日本を生きる子どもたちの変化を紹介。

それに伴い、1997年→2007年→2017年の3時点20年間にわたって、子どもの意識や欲求、行動の変化を約580項目で追うことができる調査データを、無償で一般公開しております。

以下よりダウンロードして、是非ご活用ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

コロナ禍で根強い生活者の節約志向 消費を動かす鍵は「ネガの贅沢」か

2021.11.16
その他研究活動

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

2019.12.26
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04
その他研究活動

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す