20.地球環境環境保護生活 快適派 vs 面倒派

No.1352

快適派

最新(2020年)の調査結果

52.3%

  • 初回(1992年)より4.3
  • 前回(2018年)より1.9
 

前回からほぼ変化なし

「環境保護生活 快適派 vs 面倒派」という質問に「快適派」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2020年は52.3%となりました。男女差については、女性の方が約8ポイント高い結果となりました。地域差については、首都圏の方が約3ポイント高い結果となりました。年代別に見ると、60代が60.7%で全体より約8ポイント高く、逆に20代は、全体より約3ポイント低い49.3%となりました。

※ このテキストはプログラムにより自動生成されています

他の回答

面グラフを見る

似てるかもグラフ、紹介します!

約40,000,000通りの組み合わせから、形の似ているグラフを自動抽出! 回答同士の意外な関係が発見できるかも?!

類似データの算出方法

各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位5件を自動抽出して表示しています。 あくまでもグラフの推移の類似を検出するものであり、回答同士の相関性の高さを示すものではありません。

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

女性60代

20 地球環境No.1352

×

家族とすごす時間を増やしたい

女性60代

02 暮らし向きNo.176

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

女性60代

20 地球環境No.1352

×

投資・貯蓄情報に関心がある

女性60代

15 情報No.1098

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性50代

20 地球環境No.1352

×

広告は新しい暮らし方を教えてくれると思う

男性50代

15 情報No.1061

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性20代

20 地球環境No.1352

×

身の周りで悲しいことが多い

男性20代

01 生活気流No.27

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性20代

20 地球環境No.1352

×

ダイエットを意識した食事をしている

男性20代

03 食No.312

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

阪神圏

20 地球環境No.1352

×

広告をしていない商品には、何となく不安を感じる

阪神圏

15 情報No.1047

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

阪神圏・女性

20 地球環境No.1352

×

学校では学べない、暮らしの知恵や技術を学ぶ場が欲しい

阪神圏・女性

08 学びNo.630

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性50代

20 地球環境No.1352

×

友達のような親子関係が良いと思う

男性50代

10 家族No.737

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

阪神圏・男性

20 地球環境No.1352

×

自分の職場には、休暇をとりにくい雰囲気があると思う [有職者のみ]

阪神圏・男性

09 働きNo.679

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性20代

20 地球環境No.1352

×

刺身が好き

男性20代

03 食No.345

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

女性40代

20 地球環境No.1352

×

シチューが好き

女性40代

03 食No.358

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

20代

20 地球環境No.1352

×

住まいは安全であることが第一だと思う

20代

05 住No.476

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性50代

20 地球環境No.1352

×

お金は命の次に大事なものだと思う

男性50代

14 消費・お金No.931

環境を考えた生活をすることは自分にとって快適だと思う

男性40代

20 地球環境No.1352

×

テレビ電話(ビデオ通話)サービスを主にパソコンで利用 [利用者のみ]

男性40代

16 メディアNo.1185

もっと見る+

ダウンロード

生活定点2020集計表(Excelファイル)がダウンロードできます。

生活定点のデータをもっとじっくり見たり使ったりしたい時は、こちら。好きな項目を選んでグラフを作れる機能もあるし、性別、年代別、地区別などの詳しい数字が使えるからおもしろい。

使い方を見る

PageTop