14.消費・お金欲しいもののため何かを削る派 vs あきらめる派

No.949

欲しいもののため何かを削る派

最新(2020年)の調査結果

50.0%

  • 初回(1998年)より2.5
  • 前回(2018年)より0.9
 

前回からほぼ変化なし

「欲しいもののため何かを削る派 vs あきらめる派」という質問に「欲しいもののため何かを削る派」と答えた人の割合は前回からほぼ変化がなく、2020年は50.0%となりました。男女差については、男性の方が約4ポイント高い結果となりました。地域差については、首都圏の方が約4ポイント高い結果となりました。年代別に見ると、20代が60.0%で全体より約10ポイント高く、逆に60代は、全体より約8ポイント低い41.5%となりました。

※ このテキストはプログラムにより自動生成されています

他の回答

面グラフを見る

似てるかもグラフ、紹介します!

約40,000,000通りの組み合わせから、形の似ているグラフを自動抽出! 回答同士の意外な関係が発見できるかも?!

類似データの算出方法

各グラフの推移(前回比)をベクトルとみなし、2グラフ間のベクトルのなす角度からコサイン類似度を算出。 その値をグラフの近さを表す評価値として、上位5件を自動抽出して表示しています。 あくまでもグラフの推移の類似を検出するものであり、回答同士の相関性の高さを示すものではありません。

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性30代

14 消費・お金No.949

×

公共のマナーに気をつけた生活をしている

男性30代

02 暮らし向きNo.166

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性30代

14 消費・お金No.949

×

職場(学校)での人間関係がストレス [ストレスを感じる人のみ]

男性30代

06 健康No.528

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

女性20代

14 消費・お金No.949

×

防音設備など近隣に配慮した設備を充実させたい

女性20代

05 住No.488

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性60代

14 消費・お金No.949

×

何か社会のために役立つことをしたい

男性60代

17 社会意識No.1243

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性30代

14 消費・お金No.949

×

(車以外の)免許や資格を持っている

男性30代

08 学びNo.623

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性30代

14 消費・お金No.949

×

自分のための教養・勉強にかかるお金を節約したい

男性30代

14 消費・お金No.1021

欲しいもののためには今の生活の何かを削ることができる

男性20代

14 消費・お金No.949

×

制度やシステムがなければ環境問題は解決しないと思う

男性20代

17 社会意識No.1254

もっと見る+

ダウンロード

生活定点2020集計表(Excelファイル)がダウンロードできます。

生活定点のデータをもっとじっくり見たり使ったりしたい時は、こちら。好きな項目を選んでグラフを作れる機能もあるし、性別、年代別、地区別などの詳しい数字が使えるからおもしろい。

使い方を見る

PageTop